• ワンピースは楽しい。 2018.03.02

    最近は暖かいですね。

    気分がとても良いものです。

    寒さが過ぎれば暖かく。

    雨が上がれば日差しが差し込み。

    (花粉はイヤですけどね。)

    情緒は良くも悪くも。

    これから本格的な春が来るかと思うと、穏やかな気持ちになってきます。

    3月。

    卒業式のシーズン、そして始業の頃へ。

    ワンピースの出番を考えて、あれこれ鏡の前で打ち合わせ。

    トモさんを撮影しながら、これからの楽しさを想像します。


    カジュアルな気分で出かける時、

    卒業式等少しキレイな形をとる時、

    それぞれで活躍しそうな一枚。


    プリーツ切り替えの位置は落ち着きのある上部に

    グランマの定番プリーツスカートの形を思わせるような程よい広がりのパターンです。


    張りのある生地感も魅力的。

    グランマの表現はいつも可愛すぎず、とてもクラシカルです。


    GRANDMA MAMA DAUGHTER ワンピース

    Japan

    ¥24,000 + tax


    もう少しエアリーな。

    この先数日気温が高そうですね。

    ひと月、ふた月先の予行になりそう。

    ワンピースとシャツコートを同生地で合わせたカジュアル感。

    この生地はとっても軽くて、サッカー地のような感覚。

    着やすさ、動きやすさ、大切な着心地に長けています。


    ワンピースは重ね着しやすいノースリーブスタイル。

    夏をも想像できる有効な一枚ですね。


    膨らみは程よく。


    開き方もちょうど良い。


    シワ感は軽さの引き立て役。


    カーディガンのように使えるシャツコート。

    利便性があります。


    prit  ノースリーブワンピース

    Japan

    ¥19,800 + tax

    prit シャツコート

    Japan

    ¥19,000 + tax


    家にいる時、出かける時。

    この一枚にまとわれた姿が、その場の雰囲気を春らしく明るくしてくれる。

    見ている側も嬉しくなります。


    ストライプはワークテイストピッチ。

    1960年代のBIGMACヒッコリーを思い出します。

    それでもワーク感は一切なし。

    ハイウエストラインを程よく決めて、足元にはパンプスでしょうか。


    この細かなギャザーも良い要素。

    格好よさを演出してくれます。


    prit

    Japan

    ¥14,800 + tax


    合わせのストールはブルキナファソインディゴ。

    西アフリカのモシ族からの大判ストールです。

    女性が糸を紡ぎ、男性が織っていく。

    その後染められ、人の手で長い時間をかけて生まれる唯一無二のヴィンテージです。

    もともとは女性が腰巻に使用するために生まれ、用途によって大きさを変えているそうです。

    小さな布を組み合わせて大きな一枚になったのがこの品。

    柔らかい肌さわりも嬉しいです。

    大きなラージサイズは壁に飾るのも良し。

    ソファーに合わせるだけで雰囲気が一変しそうですね。


    Burkina Faso ラージストール

    West Africa

    ¥16,000 + tax


    インディゴの流れで最後はデニム時のワンピース。

    見た目よりも着た感じ。

    袖を通すと良さがわかると思います。

    落ち着きの静と、格好良さの動。

    時間をかけていくと味が出ていくと思います。


    前たてはヴィンテージを知っているハバーサックさながらでしょうか。

    古き良きを感じるデザインと、今の時代に合わせた女性美を思います。


    楽さも完備。

    Haver Sack ワンピース

    Japan

    ¥18,000 + tax



    ワンピースっていいな。と思います。

    お楽しみください。

    katayama

    Wear

    21:00

    Friday

    2018.03.02

グッズ情報
カテゴリ
アーカイブ