ABOUT

GOODS

ワードローブコート

2020.10.16Wear

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

日の暮れる時間も早くなり、一枚では肌寒く感じる時が増えてきました。

この時期になると、

寒さに弱い私は、外に出るのをためらってしまいます。。

今年こそは、快適に過ごしたい。。

秋も終盤にさしかかり、

冬に向けた頃。

これからの主役となるコート。

ついつい、羽織りたくなってしまう一着を見つけたいですね。



こちらは1980年代のデッドストック、イタリア軍のナースコートです。



ミリタリーというと、カジュアルな印象を持ちますが、

Aラインの末広がりなシルエットは、

女性らしく、エレガントな雰囲気です。



襟を立てるとガラっとイメージが変わり、、



スマートで紳士的な印象に。


手首元すっきり。

袖口にかけギャザーが入っています。

袖部分にはゆとりがあり、嬉しいです。



ウエスト部分にはベルトが縫い付けられています。



Nurse Coat Deadstock

1980's Italy

¥14,800 + tax


かつて、テキスタイルメーカーとして創立された

ファクトリーブランド『Honnete(オネット)』から、ラウンドカラーコートです。

ベルカルテではお馴染みですね。



洗礼されたデザインにシックなカラー。

特別な日に羽織りたくなる一着です。


身幅はゆったりと、余裕のあるサイズ感です。

厚めのニットもしっかりと着込めます。寒がりには嬉しい。。


大きな襟。。とても素敵です。


肩の位置を落とした、ドロップショルダーの肩口はゆとりのある作りになっています。


ラウンドカラーの丸みは女性らしく、柔らかい印象に。



両サイドにポケット付き。



比翼仕立てのフロント。

少しレトロな雰囲気も感じます。



お色違いのベージュ。

こちらは、少しカジュアルな印象で、

日常使いしやすいカラーです。


Honnet ラウンドカラーコート

France

¥46,000 + tax


『カジュアルの中にどこか品のある』をテーマに展開するジャパニーズブランド、

Commencement(コメンスメント)より。


コットン100%のハリとコシのある軽やかな生地を使用したチェスターコート。

オフィスシーンにはもちろん、

デイリー使いにも、さらっと羽織れる一枚です。


ウエスト部分には、取り外し可能なベルトがついています。

いろいろなスタイルを楽しめそうですね。


ポケットもバッチリ。


少し深めにデザインされたネックライン。

シンプルな中にも、こだわりが。


また、裏面の縫い代にはパイピングが施してあり、普段は見えない部分にまで配慮がなされ、丁寧に作り込まれています。


Commencement チェスターコート

Japan

¥17,000 + tax


お気に入りの一着と、快適な季節に。


saku

category : Wear