ABOUT

GOODS

冬のコーディネート

2021.12.13Wear

みなさまこんにちは。

前回の記事、「男の散歩」ご覧なられましたか。

久々の '' メンズコーディネート '' 記事。

メンズサイズでも

ついつい着れちゃうかも、の目線で見てしまう私は

あえて女性がオーバーに着るのも可愛いなと思いながら、、

クリスマスギフトというていで共有しちゃうのもいいかも。

なんて想像しながら見ていました。

さて、今日は '' レディースコーディネート '' の番。

今までご紹介してきた定番のアイテムから新作まで、

冬の暖かなコーディネートをご紹介します。


Vintage France コート ¥65,780(59,800)

GRANDMA MAMA DAUGHTER Japan ワンピース ¥35,200(32,000)

SANDERS サイドゴアブーツ ¥58,300(53,000)

Vintage Germany バッグ ¥16,280(14,800)

Vintage Denmark マフラー ¥3,080(2,800)


ビンテージのワークコートにミリタリーの巻物、

中にはグランマの新作ワンピース。

黒のコートとも相性が良いこのワンピースは

真っ赤ではなく少し黄色味がかった柔らかな朱色。

ダークトーンのコートの中に差し色として、合わせやすい一着。


足元はサンダースのサイドゴアブーツ。

高さのあるハイカットブーツは

スカート、ワンピーススタイルといい相性。

日常使いからフォーマルな場面まで幅広くお使いいただけます。


Athena Design Republic of Ireland カーディガン ¥41,580 ( 37,800 )

HAVER SACK Japan ワンピース ¥40,700(37,000)

 ANDALS Spain レザーシューズ ¥40,700(37,000)

Vintage Germany バッグ ¥11,880(10,800)


バイカラーの襟元にタキシードやシャツのようなブザムのフロント。

きちんと感がありながらも、どこか抜け感もあるハバーサックのワンピース。

コットンシルクのツイル生地はしっかりとハリ感があり、ウールと重ねても生地負けしません。

アランの肉厚カーディガンを羽織るとちょっとカジュアルな印象に。

中にタートルを入れても可愛いです。


サイドには膝あたりまでスリットが入っています。

パンツやスカートのレイヤードスタイル、タイツを仕込めばワンピースとして一枚でも。

色々な着こなしが楽しめそうです。


MOITAS コート ¥64,900(59,000)

Athena Design Republic of Ireland クルーベスト ¥34,100(31,000)

SHOE&SEWN Japan レザーシューズ ¥36,300(33,000)

Vintage Germany バッグ ¥18,480(16,800)


防寒対策バッチリ真冬のあったかコーディネート。


身幅、袖部分にゆとりがあるモイタスのコート。

一枚でも十分暖かいのですが、中にもしっかりと着込むことができます。

寒がりさんには嬉しいですよね。。


赤茶のトーン合わせ。可愛い!


Vintage Belgium コート ¥17,600(16,000)

WILLIAM LOCKIE Scotland ニット ¥22,000(20,000)

GRANDMA MAMA DAUGHTER Japan コーデュロイパンツ ¥25,300(23,000)

PALANCO Spain ショートサイドゴアブーツ ¥42,900(39,000)

Johnwoodbridge Paris バッグ ¥40,700(37,000)


ビンテージのコートに、渋めのブラウンチェックマフラー。

ちょっとメンズっぽく、かっこ良く、そんな気分。


足元はショートタイプのサイドゴア。

フルレングスのボトムともぶつからず、すっきりと収まってくれます。

パンツスタイルが多い方には特におすすめしたいアイテム。

脱ぎ履きが楽チンなのも嬉しいです。


London Tradition England コート ¥74,800 ( 68,000 )

WILLIAM LOCKIE Scotland ニット ¥22,000(20,000)

M Italy サボ ¥35,200(32,000)

Tehaamana Japan バッグ ¥23,100(21,000)


暗くなりがちな冬のコーディネート。

たまにはライトカラーもいいかも。


モノトーンの中の黄色。

首元から、袖元から、ちょこっとだけ覗くこのくらいが冬らしい。


足元は定番のミケーレ。

さて、長時間の歩いても疲れにくいクレープソールサボとどこへお出かけしましょうか。


楽しい冬期間となりますように。

saku

category : Wear